事業案内

事業紹介

調剤

スギ薬局グループは誕生以来、調剤を薬剤師の主要業務としてまいりました。
緊急時を含む夜間、休日の処方せん受付、お正月やお盆など長期休暇時の処方せん受付など地域の患者様に、なくてはならない存在です。

調剤併設型がスタンダード

スギ薬局グループは調剤併設型ドラッグストアのパイオニアとして、1号店が1976年にオープンしました。複数の病院に対応できる処方せん調剤、服薬支援を通じて、重複投与や各種薬剤の相互作用を確認。薬剤の適切な使用をサポートしています。
写真:調剤併設型がスタンダード

夜間、休日、長期休暇の処方せん受付

地域のかかりつけ薬局の使命として、年中無休で処方せんを受け付けています。さらに、夜間のOTC販売、処方せん受付も実施しています。深夜、休日に処方せんを持ち込む患者様は全体の10%にもおよびます。また、面分業を行っているため、受け付ける医療機関数が100施設を上回る店舗もあり、幅広い知識と熱意が私たちの誇りです。
写真:調剤併設型がスタンダード

在宅医療

超高齢社会の到来を見据え、いち早く調剤室にクリーンルーム、クリーンベンチを設置して在宅医療への取り組みを開始。
高齢者の尊厳を守り、患者様とそのご家族のQOLの向上をサポートするとともに、住み慣れた場所で患者様が人生の最期を安心して迎えることができる地域医療を目指して、終末期医療にも取り組んでいます。

チーム医療

スギ薬局グループの薬剤師・看護師は、コメディカルな存在として医師などとの連携を強化するとともに、在宅医療を希望する患者様のために地域医療連携を専門に扱う部隊を配置し、「チーム医療」を基本とする在宅医療を推進しています。
スギ薬局グループの薬剤師はその一員となるべく、地域ごとの医療チームで開催されるカンファレンスにも積極的に参加しています。
医薬品の専門家として患者様のQOL向上に貢献する医薬品を常に考え、医療チームに提案しています。
写真:チーム医療

TPNから経腸栄養法、麻薬や抗がん剤などにも対応

クリーンルーム・クリーンベンチ・安全キャビネットを配備。TPNや経腸栄養法に対応できるほか、麻薬や抗がん剤にも対応。医師の指示に基づいて調剤・調製を行い、患者様のご自宅や介護関連施設まで訪問して、医薬品を安全・正確に使用できるよう説明・供給を行っています。
また、介護付有料老人ホームや高齢者住宅、グループホーム等では、お薬カレンダーを利用することで医薬品の管理負担を軽減するとともに、重複投与を未然に防ぐよう努めています。
写真:TPNから経腸栄養法、麻薬や抗がん剤などにも対応

施設系在宅

介護事業者への支援として、介護職の薬剤管理にかける負担を軽減。介助者が間違えずに服薬介助できるよう患者様ごとに異なる医薬品を服用時点ごとに一包化し、お薬カレンダーにセットした状態でお届けします。
飲み忘れや重複投与、誤投薬に伴うリスクを削減します。
写真:施設系在宅

SIPS(SUGI Infinity Possibility System)=医療総合情報システム

今後求められる地域の医療情報の電子化に対応すべく自社開発した情報システムです。電子レセプト業務のみならず、地域医療連携の要として威力を発揮します。
写真:SIPS

ヘルスケア

スギ薬局では、処方せん調剤のほか一般用医薬品やサプリメント、健康食品のカウンセリング販売を行っています。
健康なときも、病気のときも、寝たきりのときも、専門の立場から適切なアドバイスをさせていただくのが、『あなたの町のかかりつけ薬局』なのです。

"かかりつけ薬剤師"としての使命

超高齢社会の到来により、慢性疾患を抱える患者様が着実に増加してまいります。糖尿病や高血圧の患者様が服用できる一般用医薬品や健康食品はどれか、調剤薬同士の飲み合わせはどうか。誰かが一元的に管理して、アドバイスできる仕組みが必要となります。すべての組み合わせに対応したリスクマネジメントを行い、お客様の健康をサポートする。それが我々"かかりつけ薬剤師"に求められる使命なのです。
写真:“かかりつけ薬剤師”としての使命

第1類医薬品の販売

2009年6月に施行された「改正薬事法」により、薬剤師による情報提供が義務付けられた「第一類医薬品」も、スギ薬局ではお気軽にご相談いただくことができます。お客様に身近な店舗で、薬剤師がしっかり症状をお伺いした上で、一般用医薬品を選定。お客様が安全・適切に服用いただけるよう対面にてご説明をさせていただきます。
写真:第1類医薬品の販売

管理栄養士の育成

薬剤師による一般用医薬品の提案だけに留まらず、食生活や生活習慣病の改善、サプリメントの知識などを提案するため、管理栄養領域の開拓を進めています。近年増え続けている高脂血症、高血圧症など生活習慣病にならないための食生活のサポートは、トータルヘルスケアステーションを目指すスギ薬局の新たな付加価値になると考えています。
写真:管理栄養士の育成

ビューティケア

スギ薬局は全店に、化粧品のカウンセリングを行うビューティアドバイザーを配しています。
お客様の「より美しく」「もっと魅力的に」というニーズにお応えし、化粧品の情報提供や販売、スキンケアアドバイスを行っています。
また、「身体が健康でなければ本当の美しさは生まれない」という発想から、サプリメントや健康食品をご紹介するなど、付加価値の高いサービスを提供します。

自社美容部員「ビューティアドバイザー」の強み

「町のかかりつけ薬局」としてカウンセリング販売に注力してきた当社では、自社の美容部員「ビューティアドバイザー」の育成に注力してきました。メーカーの枠を越え、さまざまな商品の中からお客様の肌質、ご要望に合った最適な商品をご提案できるのが、当社ビューティアドバイザーの強みです。店頭で扱うサプリメントや美容補助食品なども含め、美容に関するお悩みをトータルにサポートいたします。
写真:自社美容部員「ビューティアドバイザー」の強み

美容機器を用いて最適な商品をご提案

お客様の肌に触れることが多いビューティアドバイザーにとってコミュニケーションスキルはとても重要です。お客様の肌の状態に適した商品をご提案できるように、最新美容機器「ビューティアナライザー21AD」を導入し、肌の水分量や皮脂量だけでなく、肌弾力や透明感などもすべて数値化し測定します(一部店舗を除く)。測定結果やお客様の声から、今後重点的に行うスキンケアについてアドバイスをさせていただきます。
写真:美容機器を用いて最適な商品をご提案

豊富なラインナップで幅広いニーズに対応

同業他社に先駆けていち早く化粧品の壁面展開や化粧品カウンターの設置を考案。テスターの充実を図り、お客様が商品を気軽に手にとって試すことのできる売場展開を実現しました。また基礎化粧品など百貨店で取り扱われているような高価格帯の商品も数多く取り揃え、日常ご利用いただく店舗で気兼ねなく商品を確認、相談していただけるのが当社の特長です。若い方向けのメイクアップ化粧品からご年配向けのスキンケア化粧品まで、当社で扱う化粧品は8,000アイテムにも上ります。
写真:豊富なラインナップで幅広いニーズに対応

このページの先頭へ